総合旅行予約サイトの楽天トラベル
鎌倉観光おすすめ 湘南の風

2006年06月01日

鎌倉 裏山グランドキャニオン 横浜のグランドキャニオン

鎌倉天園ハイキングコースを先日紹介させていただきましたが、ハイキングコースから横浜側をとっていた写真を載せていました。その反対側横浜市側の鎌倉市側に向かってハイキングコースの途中からみた様子がしたの写真です。間にはゴルフコースがありますが、ゴルフコースの周りは山で、ハイキングコースが多いです。

鎌倉カントリ.JPG

遠くに見える建物は鎌倉カントリークラブの建物です。横浜からこのゴルフコースの周りのやまをぐるっとまわるのが天園ハイキングコースの一部になっています。この写真をとっている場所のコースはおそらく地元のひとぐらいしかしらない、あるいは地元の人もあまりしらないコースでしょう。ハイキングコースとしては紹介されていないコースですから。

鎌倉市の裏山をひとつこえると鎌倉市の今泉台という住宅地があって、この今泉には散在が池あるいは鎌倉湖といわれるところがあります。公園になってます。さらに山を一つ越えると、横浜のグランドキャニオンと呼ばれるところがあります。本場にくらべたらほんの小さなものですけれど。

グランド1.JPG

グランド2.JPG

そこは横浜市栄区根岸線本郷台駅が最寄の駅になります。鎌倉市大船駅から根岸線で1つめの駅です。本郷台駅から南下していくのですが、道はわかりずらいですね。横浜環状道路3号線沿いに桂町というところがあって、そこにコンビニのAMPMと栄区図書館があるのですが、そこの横の結構細い道を南へ道なりにずっと入っていきます。桂町には大船駅からもバスが出ていて、公田というバス停でおります。栄警察署すぐ近くにあります。
このあたりには鎌倉時代からのなごりのある地名が結構あります。鍛冶ヶ谷というのは鎌倉時代鍛冶職人がいたところ、小菅ヶ谷という地名もあり、これは鎌倉幕府時代北条家小菅ヶ谷殿が住んでいたとの事です。本郷という地名も鎌倉時代にすでにあったようですね。

今は永久の杜という霊園ができましたから、その案内版にそうとたどり着くこともできると思います。写真をとった場所は、これまたわかりづらい山の中ですので、ご案内は控えさせてもらいます。もしいかれた方が山の中で遭難でもしてしまったら大変ですから。

馬頭地蔵.JPG

古いお地蔵さんがあったりします。馬頭観音地蔵ですね。駅側からくると、この馬頭観音地蔵のところを道なりにまっすぐ進むと霊園のほうへいけます。その途中にしたのような塚もあります。

塚1.JPG

庚申塚とかもありますが、この右側のものが何なのか私はよくわかりません。拡大するとこういうものなのですが。

塚2.JPG

ここをさらに奥にいくと最近できた霊園です。
馬頭観音のところを左に行って上っていくと桂台という住宅地になります。

ここの山々をみると、いかに鎌倉の裏山が険しかったか、鎌倉幕府がいかに攻めづらいところにあったかがわかるのではないかと思います。
この辺の山々は、鎌倉アルプスと呼ばれたりもします。ひくい山々で、これも本場アルプスに行った方や、アルプス地方のかたからはお叱りをうけそうな規模ですが。

ちょっと鎌倉の有名どころとは離れているところです。時間に相当の余裕があってハイキング好きな方、ちょっと寄ってみてください。荒井沢市民の森という山の中を歩くハイキングコースもあります。こちらのハイキングコースはちゃんと案内もされているコースです。自然を大切に山の中を歩いてみてください。

市としては横浜市のほうが中心となってしまいましたが、鎌倉幕府時代からすると鎌倉を防御する山々ですし、森のハイキングコースでよいところなのでご紹介させていただきました。


posted by 徒歩人 at 15:27| Comment(3) | TrackBack(2) | 鎌倉観光 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 熊本の南阿蘇は九州以外も方が意外と訪れない穴場です、いちどといわず何度でもお出でいただけるところと思いますので宜しくお願いします。
Posted by ogura at 2006年06月02日 07:58
TBありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

鎌倉はとても行って見たいところです。ゆっくり読ませて頂きます。
Posted by hisako-baaba at 2006年06月03日 08:58
もう15年ぐらい前に阿蘇山に行ったことがあります。あのスケールは日本の中ではなかなかないと思いました。外輪山の大きさは感動でした。前回行ったときは博多から日帰りでいったので、今度はもっと阿蘇のまわりのどこかでゆっくりしたいと思うのですが。
Posted by 神奈川県 鎌倉市藤沢市 江ノ島 湘南の風 at 2006年06月03日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18695370

この記事へのトラックバック

新年の挨拶です
Excerpt:  新年明けましておめでとうございます。 昨日は56回目の誕生日でした、人生で初めて一人で初日の出を見に行きました。  例年だと郷に帰り親と年越しをするのですが今年は息子が代わりを勤めてくれました感..
Weblog: 小椋住宅BLOG
Tracked: 2006-06-02 07:54

馬頭観音
Excerpt: 馬頭観音所蔵)馬頭観音(ばとうかんのん)は、仏教における信仰対象である菩薩の一つ。サンスクリットではハヤグリーヴァ(Hayagriva)と言い、「馬の頭をもつもの」の意である。観音菩薩の変化身(へんげ..
Weblog: 馬馬辞典
Tracked: 2006-06-03 08:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。