総合旅行予約サイトの楽天トラベル
鎌倉観光おすすめ 湘南の風

2006年06月09日

鎌倉 江ノ島周辺 歴史散歩 満福寺 義経

江ノ電江ノ島の隣の駅である腰越の近くに満福寺があります。小動神社と道路を挟んで反対側です。

江ノ島腰越駅.JPG

腰越駅江ノ島からあまり遠くありませんし、腰越海岸片瀬東海岸はお隣ですから、そんなに遠くもありません。
腰越駅の看板 鎌倉彫ですかね。

江ノ島腰越駅看板.JPG

満福寺は、源義経平宗盛らを連れて鎌倉直前まで来たのですが、これ以上は源頼朝の怒りをかっていて、鎌倉には入れてもらえなかったために逗留し、腰越状を書いたことで有名なところです。
源義経は、腰越状で、武功についてと忠誠は変わらないことと諫言があることを、大江広元を通じ源頼朝に訴えますが許されず、ここから京へ戻ることになります。諫言というのは梶原景時諫言説ですね。ただ武功を誇らず、忠誠心を持っていれば、京からの官位を受けてしまうということもなかっただろうとも言われています。戦略は頼朝、戦術は義経で、大いに頼朝の力があったからこそ勝てたという見方もされているわけです。
義経が再び、この地に戻ってきたときにはすでに首だけだったとのこと。
そういう歴史のあるお寺です。
中には、腰越状鎌倉彫のふすまがあります。ふすまには義経、弁慶、静御前といった人たちが彫られています。流浪時や平泉で敗れたときのの姿とか。

江ノ島満福寺.JPG

満福寺の目の前にある線路は、江ノ電の線路です。
満福寺の本堂です。この中に襖絵があります。いろいろな鎌倉彫もあります。

江ノ島満福寺本堂.JPG

弁慶ゆかりの石

江ノ島満福弁慶手玉.JPG

江ノ島満福弁慶腰掛.JPG

源義経の碑です。

江ノ島満福弁義経.JPG

お寺の前に、きれいな青いアジサイが咲いていました。

江ノ島満福寺あじさい.JPG

江ノ島のすぐ近くですから、鎌倉はもう目の前です。そこで引き返さなければならなかった義経の無念さはいかばかりだったでしょう。もうすこしで鎌倉なんですが、義経は源氏の将でありながら、結局鎌倉に入ることはなかったんですね。

お寺の中に、タッキーのポスターもありました。
このお寺からは見通しがよければ富士山が見えます。この日はかすかにみえていました。

ところで、義経のひよどり越えは史実ではなく、ひよどり平家の背後から坂落としできるような場所はなく、史実は義経頼家によるはさみうちだというのは、本当ですかね。ひよどりというところも実際に見てみたいですね。
posted by 徒歩人 at 16:49| Comment(2) | TrackBack(1) | 江ノ島 鎌倉観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉 江ノ島周辺 歴史散歩 龍口寺

鎌倉時代日蓮上人が斬首の刑になりそうになった刑場あとに建立された日蓮宗のお寺です。江ノ島のすぐ近くにあります。歴史散歩はいかがでしょうか?
日蓮上人が斬首の刑に処されそうになったとき、江ノ島のほうから満月のような光がとんできて、役人は目がくらみ、たおれたとのこと。
鎌倉幕府日蓮上人を処刑するか否か評定しており、処刑取りやめの連絡も届き、斬首は取りやめとなり、流罪となったとか。

龍口法難といわれています。

このとき日蓮上人が入っていたといわれる土牢(御霊窟)があり、日蓮上人像が安置されています。

こちらは仁王門と山門です。

江ノ島龍口寺門2.JPG

江ノ島龍口寺門.JPG

こちらが御霊窟です。狭いです。

江ノ島龍口土牢.JPG

本堂です。

江ノ島龍口寺本堂.JPG

江ノ島龍口本堂横.JPG


このお寺には外からはよく見えませんが、五重の塔があるんですよ。明治43年に竣工したそうです。

江ノ島龍口五重塔.JPG

このお寺の上に仏舎利があるのですが、そこからは江ノ島を眺めることができます。ただ、建物がだいぶじゃまですが。

江ノ島龍口仏ノ利.JPG

江ノ島龍口江ノ島.JPG


いろいろ歴史ある建物があるお寺ですので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。江ノ島のすぐ近くです。歩いてもそうかかりません。
龍口法難大河ドラマ北条時宗でも出てきました。

江ノ島周辺には鎌倉時代の歴史のあとがいろいろあります。
posted by 徒歩人 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 江ノ島 鎌倉観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉 江ノ島周辺観光 片瀬山公園

江ノ島周辺といっても、この片瀬山公園へ行く人は非常に少ないのではないかと思います。ただ公園です。木が生い茂ってしまっていて江ノ島はながめられませんでした。湘南モノレール湘南江の島駅の裏の山の上にある公園で、湘南モノレール目白山下という終点のひとつ前の駅で降りたほうがよい場所にあります。

何があるというわけでもないですが、緑豊かな公園です。片瀬の町並み、晴れていれば富士山が見える木々に囲まれた公園です。あまり目立たない公園だと思いますが、お弁当食べたりするにはよいところですね。

江ノ島片瀬山公園.JPG

こんなかんじ。

花も咲いてますよ。

江ノ島片瀬山つつじ.JPG

江ノ島片瀬山あじさい.JPG

もともとこの山は竜口山といわれていたそうで、「天女と五頭竜」という伝説にでてくるそうです。1400年もの昔、このあたりを荒らしていた五つの頭をもった竜が、江ノ島の弁天様のおかげで改心し山になったとのこと。

また、昭和初期は遊園地で、展望台や動物園があったところだそうです。

この山には龍口寺というお寺があります。日蓮聖人が斬首の刑になりそうになった刑場後に日蓮の直弟子の日法聖人が建立したお寺です。
またこの山の西ふもとには常立寺というお寺があり、滝の口の刑場で刑死した人を弔うお寺でした。ここには北条時宗が処刑した、元からの国使5人を埋葬した元使五人塚があります。


posted by 徒歩人 at 15:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 江ノ島 鎌倉観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉 湘南の定番、江ノ島周辺

江ノ島です。湘南の定番、江ノ島へ行くには小田急江ノ島線、江ノ電湘南モノレールとあります。車で行くととめる場所に結構苦労します。早くに行けばとめられないことはないですが。

これは、湘南モノレール江ノ島の駅です。
湘南モノレール江ノ島.JPG

江ノ島全景

江ノ島.JPG

江ノ島には江ノ島神社があります。弁天様です。江ノ島神社は3つの宮の総称ということです。
よくある話で、弁天様が怒るので恋人同志で行くとその後別れるという話があります。
でも、私も結婚前にデートで行きましたが大丈夫。最初に行ったのが10年以上前の話。その後も何度かいったり、子どもをつれていったりしてます。弁天様はそんなに狭い心の神様ではありません。

江ノ島の中の話は、よくガイドブックに載ってますからね。行ってみてください。お土産屋があったり、最近は温泉があったり、稚児が淵とか、岩屋とか回ってみてください。階段をのぼるのが大変な人にはエスカーという有料ですがエスカレーターがあります。
岩屋のある海岸へは、一度上まで上ってから、降りるということになります。岩屋は一説では富士山までつながっている穴だとか。

ところで、のぼりおりしなくても稚児が淵岩屋へ行く方法があります。

江ノ島船.JPG

船を使う。日曜、祝日運行。これだと、江ノ島を遊覧しながら、稚児が淵までいけます。

烏帽子岩が遠くに見える

江ノ島烏帽子岩.JPG

江ノ島の手前、片瀬浜は海水浴場です。有名ですね。もうすぐですね。海水浴の季節。

江ノ島東浜.JPG

この浜は片瀬の東浜と、腰越の浜、浜の先にみえるのは小動岬です。
こゆるぎって読みます。風もないのに松の木がゆれていたという話からこの名前がついたとも言われています。
小動岬には小動神社があるのですが、名前は明治になってからついたそうですが、その前は八王子宮と呼ばれていたそうです。
ここで新田義貞鎌倉攻めの前に戦勝祈願したとのこと。

江ノ島は海水浴シーズン前、海の家建築途中です。

江ノ島海の家.JPG






posted by 徒歩人 at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 江ノ島 鎌倉観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。