総合旅行予約サイトの楽天トラベル
鎌倉観光おすすめ 湘南の風

2008年01月24日

鎌倉 立ち入り禁止 釈迦堂切り通し



切り通しのひとつ 釈迦堂切り通し

立ち入り禁止で通り抜けるのは禁止になってますのでご注意を。

ここはかなり昔の雰囲気が残っている切り通しじゃないでしょうか?

今までに、
極楽寺坂切通し
化粧坂切通し(けわいさか)
亀ヶ谷切通し
巨福呂坂切通し
朝比奈切通し

を紹介しました。ここが

釈迦堂切通し

IMG_2943.JPG

落石注意で、立ち入り禁止ですよ。

あと鎌倉の切り通しというと

名越切通し(なごえ)
大仏坂切通し

があるわけですが、鎌倉7口というんですよね。

外から、鎌倉へ入るところと考えると、釈迦堂は7口には
はいらないのかも。

でも、
化粧坂切通し、亀ヶ谷切通し
と比べるとどうなんだろうという気もします。

他のホームページなんかをみると、7つの中味が違っている
ところもあるんですよ。

鎌倉の7口

どの組み合わせが7つでしょうね?

posted by 徒歩人 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉観光 ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉 巨福路 切り通し 立ち入りできず



切り通しのひとつ 巨福路切り通し

いまここは、建長寺と鶴岡八幡宮を通る道路になっています。
トンネルのあるところが、巨福路切り通し。

でも、本来の切り通しの道とはちょっとずれていて、
元もとの巨福路切り通しは別にあるんです。

あるんです。というか、今はないというか。

トンネルの南側の壁の上あたりがもともとの切り通しです。
トンネルを作ってしまったので、切り通しはなくなって
しまったのでしょうね。

ここが切り通しだったというところまではいけますが、
それ以上は行けません。無理に行く人もいるようですが
やめたほうがいいです。行ってはいけません。近くの
お寺で聞くと、もうない道だったところに本当に入って
行っちゃって傷だらけになってでてくる人もいるそうです。
怪我しますからやめてくださいね。

こんなところです。これ以上前には進めません。道も
ここで途切れています。

IMG_3135.JPG

posted by 徒歩人 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉観光 ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

鎌倉 切り通しシリーズ 化粧坂きり通し

鎌倉の切り通しの一つです。 化粧坂切り通し

源氏山公園の裏側にあるので、けっこう通る人も多い切り通しで
切り通しとしての形がわりと残っているところです。
釈迦堂や朝比奈ほどではないのですが。

まだ名越切り通しに行ったことないんですよね。
けっこうわかりづらいところにあるんです。

で、化粧坂切り通しです。

小学生が遠足か何かで来てました。

切り通しの上の源氏山公園でお弁当食べてましたから。


2674

2675

267

2678

ついでに

26722673
posted by 徒歩人 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 鎌倉観光 ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

鎌倉 極楽坂切り通し 道路になった極楽坂切り通し

鎌倉市江ノ電極楽寺駅からすぐのところに極楽坂切り通しがあります。駅から極楽坂への途中に極楽寺への分かれ道があります。

極楽坂切り通し鎌倉の切り通しのひとつですが、今は道路になっています。道路の南側には成就院があり、ここも紫陽花のきれいなところです。

極楽坂の上から見た感じ。右側の紫陽花のあるところが成就院への階段です。

極楽坂切り通し上.JPG

極楽坂の下から。

極楽坂切り通し下.JPG

途中こんなお店が、喫茶(飲み物)と骨董品のお店です。すこし休んでいかれては。ふくろうがいっぱいあります。GOKURAKU亭です。

鎌倉極楽坂ふくろう.JPG

ところで、新田義貞鎌倉攻めのときの話ですが、新田義貞は、極楽坂切り通しを通るのは困難と考え、極楽坂切り通しを通るのを避け、稲村ガ崎を通って攻め入ります。

鎌倉稲村ガ崎1.JPG

稲村ガ崎と言えば写真のように、がけになっているところなんですが。

新田義貞は、稲村ガ崎を越えるときに、海の神に必死に祈ったと言います。潮をひかせたまえと。それで、潮がひき、家来たちを引き連れ鎌倉由比ガ浜へ入ったと言われています。家来たちには神に祈りが通じた、神が味方したと士気を鼓舞して鎌倉入りしたわけです。
新田義貞の家来たちは山のほうの出身であったといわれ、新田義貞のパフォーマンスを信じ鎌倉へ攻め入ったわけです。新田義貞鎌倉に長く滞在していたことがあり、潮の干満を知っていたようです。


posted by 徒歩人 at 16:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 鎌倉観光 ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

鎌倉 朝比奈切通しと熊野神社 切通しのひとつ朝比奈

鎌倉市は天然の要害です。いまでこそ、鎌倉市に通じる道路がいくつかありますが、山越えの道とか、本数が少ない、それなのに鎌倉市周辺へ車でドライブや観光に来る方が多いので休日はよく渋滞します。
鎌倉には車ではなく、公共交通機関でいって、歩くとか、バスを使って観光したほうがよいと思います。やっぱり鎌倉市街の名所はゆっくり歩いてみるのがよいです。
海沿いの道も国道134号線ですから、渋滞の名所です。こちらは鎌倉だけでなく、逗子葉山あたりから、由比ガ浜稲村が崎江ノ島茅ヶ崎鵠沼海岸といったように湘南全般の観光や、海へサーフィンウィンドサーフィンサーフボード海を眺めるなどなどで、来る方の車で込みます。鎌倉周辺は渋滞の名所ですからね。

ところで、天然の要害という話を冒頭でしましたが、鎌倉幕府の防御策として、鎌倉への入り口は狭い切通しとなっていました。その中の朝比奈切り通しを紹介します。朝比奈切り通し自体は、どこのガイドブックにものっているとは思いますが。ここは歩いて通ることもできますし、昔の姿がほぼ残っているところだと思います。

鎌倉市側からは、バス停十二所神社から歩いていくことになります。

横浜市側から、バス停朝比奈を使うという手もあります。京浜急行金沢八景駅から大船行上郷ネオポリス行庄戸行といったようなバスが朝比奈を通ります。

周辺の地図は、Yahoo地図情報へ

朝比奈切通しに関しての説明は、鎌倉市観光課

この朝比奈切通しのすぐ近くにひっそりと熊野神社があります。なかなか訪れる観光客の方はいらっしゃらないでしょうが、瀟洒にして静謐、周りは森に囲まれたところです。源頼朝の時代に、朝比奈山山頂に熊野三柱大神を勧請、北条泰時が朝比奈切通しを作るときに建立したというのが由来ですから、今の神社の建物はそう古くないですが、鎌倉時代からつづく由緒ある熊野神社ですね。ヤタガラスも彫りこまれています。分かれ道には道標がありますのですぐわかります。

朝比奈切り通しです。
朝比奈切1.JPG

狭い道ですが、がけの上には人が潜めるような穴があります。
朝比奈切上.JPG

熊野神社にはこの道標を目印にしていきます。
鎌倉熊野道標.JPG

この森の中に鎌倉熊野神社があります。ただし、正確には横浜市との境にあって、横浜市に少し入った側にあります。
鎌倉熊野森.JPG

鎌倉熊野鳥居.JPG

鎌倉熊野神ミ.JPG

しっかりヤタガラスもいます。日本サッカー協会のシンボルです。
鎌倉ヤタガラス.JPG

鎌倉熊野神社の由来
神ミ由来.JPG

神奈川県神社庁では由緒をこうなってますが、写真の掲示板の文面とはちょっと違いますね。
由緒 [社頭掲示板]
源頼朝鎌倉に覇府を開くや、その艮方に当る朝比奈山上に熊野三柱大神を勧請、仁治年間朝比奈切通し開鑿に際し、北條泰時社殿を建立したと伝える。元禄八年地頭加藤太郎左エ門尉が神殿を再建して以来、里人の崇敬次第に篤きを加え、安永及び嘉永年間再度の修築が行われ。明治六年村社に列格、昭和九年神饌幣帛料供進神社に指定された。昭和五十三年本殿を新築、平成元年御大典を記念して新拝殿を完成して現在に至る。



本家の熊野のほうは熊野古道世界遺産登録されましたが、鎌倉市鎌倉世界遺産として登録することを目指しているようです。

数年前に熊野三山に行きましたが、個人的には那智新宮もよいですが熊野本宮がよかったです。小山の中にあり、本宮自体も静かでよかったのですが、元の熊野本宮があったところというのもいいですね。神様のいる場所っていうのは本当にあるんでしょうか?でもそんな感じがするところです。本宮からあるいてそう遠くないところ。熊野も基本的にはバスと電車をのりつぎ、歩いてゆっくり回ったんですが、那智ではちょっと時間がなくって、タクシーをつかってしまいました。坂を自分の足でのぼって、熊野那智神社那智の滝にたどり着いたとしたら、また感じ方がちがっていたかもしれません。

本宮は中での写真撮影禁止ですし、なんか写真をとるという雰囲気でもありませんでした。
熊野本宮.JPG

熊野神社へいって、ドイツワールドカップサッカー日本代表の健闘を祈願しましょう。
ヤタガラス由来.JPG

ヤタガラス.JPG

熊野古道.JPG

熊野神社は全国各地にあります。お近くの熊野神社を探してみてください。

熊野本宮周辺はよいところです。
本宮の森.JPG

熊野本宮田んぼ.JPG
この田んぼの近くが、元の本宮があったところの近くです。上のヤタガラスは、そこにある鳥居のヤタガラスです。

こちらは熊野新宮
熊野新宮.JPG

熊野那智の滝です。
海から那智滝.JPG
那智の滝.JPG
那智滝つぼ.JPG

ずっと坂を足で上ってきたら、また違う感慨があったでしょうね。残念だけどタクシーで上ってしまいました。
那智上から.JPG

熊野の海
熊野の海.JPG
クジラの博物館.JPG

近くの熊野神社へ行って、ドイツワールドカップサッカー日本代表の健闘を祈願しましょう。
全国熊野神社参詣記




posted by 徒歩人 at 11:33| Comment(8) | TrackBack(3) | 鎌倉観光 ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。